副業ランキングで人気のFXを解説

FXを始めるため手順と必要な知識について

FXを始めるためには最初に取引会社を選ぶことから始まります。取引会社は多数存在するので慎重に選ぶ必要があります。選ぶポイントとしては手数料がいくらかかるかを見て選ぶと良いです。取引会社によって手数料は違うので、1日に取引を何回もする人は無料の取引会社が良いです。また、手数料が高いところは情報を提供してくれるなどのサービスがあります。レバレッジはどれくらいまでかけられるかなど設定ができるところがおすすめです。少ない資金で取引できれば利益も大きくなるので選ぶときは見てみると良いです。取引会社はそれぞれ取り扱っている通貨ペアが違います。そのため、取引したい通貨ペアがあるか確認して選ぶようにします。取引会社が破綻したときに資産や証拠金を差し押さえられないようにするために、信託保全や分別保管をきちんとしているところが良いです。
初めてFXする人のためにデモトレードで練習できるシステムがあります。無料でできるので、口座を開設する前に練習することをおすすめします。それから自分に合った取引会社を選ぶと良いです。
取引会社を選んだら口座を開設し、入金します。どの取引会社でも口座の開設方法はほぼ同じで、選んだ取引会社のホームページから必要事項を入力し口座開設を申込みます。申し込みをし、審査が通れば口座開設は終わりです。それができたら入金します。
口座を開設し入金を済ませたら本格的にFXの取引ができます。取引の流れは新規注文を出し、希望する取引の条件になったら発注していきます。この発注した注文が約定されなければ成立しません。注文が約定されたら、手数料やスプレッド、スワップポイントなど損益が合計されます。これによって取引の利益や損失が確定する仕組みになります。
特に初心者はFX入門書などを読んでから取引に慣れることから始めると良いです。少しずつ慣れていったら、利益の拡大を目標にすると良いと思います。FXを始めるときはこのことを理解した上で始めるようにします。

 

 

土曜日のクローズから月曜日のオープンの値動きに注意

 

FXではいつでも自由に注文や決済が可能です。
しかし、現在利用しているFx業者は土曜日の早朝から月曜日の早朝まではメンテナンスなど取引ができなくなります。
当然、注文の変更などはメンテナンス以外の時間であれば可能ですが、成り行き注文はできなくなります。
すると、土曜日の早朝に保有していたポジションは決済できなくないり、注文でのみ決済のタイミングを指定できるのですが、ここで注意が必要です。
なぜなら、月曜日のオープン時の相場がストップ注文の相場より大きく下回った場合(または上回った場合)ストップの注文では決済されません。
ようするに、土曜日の早朝までにドル・円を101円で保有し、ストップ注文を100円でしていたとしても、月曜日の早朝に99円になっていれば100円で決済されず、99円でマイナスが予定より膨らみます。
当然、逆に大きくプラスになるという事でもありますが、月曜日にマイナスの額が予想できないのは2日間精神的にストレスが大きいです。
例えば、土曜日の早朝まではプラス10万円あったのに、月曜にはマイナス20万円になっていたって事もありえます。
さすがに、泣きそうでした。
初めは、ストップ注文入れてるのになんで?と戸惑いましたが、きちんと規約に書いてありますし、同意もしていました。
このような大きな変動は年間でも少ない事ですが、多少の変動は毎週あります。
ただ、Fxは何が起こるか予想して当たるものでもないので、しっかりと自己責任で保有するか決済するかルールを決めた方が無難です。
プラスにはいくら変動してもいいですが、マイナス方向にはしっかりと決めておかなければ資金はあっというまに無くなります。
しかし、土曜の早朝にクローズするので、以外と寝坊してそのまま保有している事があります。
その時は、月曜のオープンの瞬間は手に汗がにじみます。
大きくマイナスに変動してしますと1日後悔で仕事どころではなくなります。

Fxはしっかり勉強してルールを決めれば、資金が増やしやすい投資だと思います。

 

 

FXを始める前に必要な知識と用語の意味について

 

FXを始める前に必要最低限の知識を理解する必要があります。FXの知識や用語を理解するだけでも取引はできるようになるので始める前に理解しておくと良いです。まず、FXには為替レートという言葉があります。為替レートとは日本円と外国の通貨を交換するときの取引価格や相場のことを言います。取引するときは売り手と買い手が必ずあります。売り手と買い手が納得した価格で決められるのが為替レートです。為替レートは常に変動するので、利益を上げるチャンスができます。
FXにはポジションという用語が出てきますがこれは外貨の残高のことを言います。利益や損失が確定される前の状態です。どんなポジションでも決済しなければ利益を得ることができません。
自分の資金を証拠金として預け、証拠金の数倍から百倍まで取引することをレバレッジと言います。また、レバレッジをかけることで利益や損失などが大きくなります。FX初心者の人は2倍から3倍のレバレッジをかけることをおすすめします。取引会社によってレバレッジの上限は決まっていますが場合によっては400倍ものレバレッジをかけられるところもあります。FXに慣れてきたら徐々に上げると良いです。
また、スワップポイントという単語をよく聞くと思いますがこれは通貨の金利差のことを言います。日本の通貨と外国の通貨の金利の差を言い、利益の1つになります。このスワップポイントは受け取ることもできます。
FXでは担保としてお金を預けることで大きな取引が可能になります。この担保に預けたお金が証拠金と言いFXをするときはよく耳にする用語なので覚えておくようにすると良いです。
売買するのに参考にしたいのがチャートです。チャートは売買するタイミングを決めるのにとても重要になります。為替レートの値動きをグラフ化したもので口座を開設したホームページから閲覧できます。このチャートによって取引のタイミングを決めていくのでとても重要になります。
このように難しそうな単語が揃っていますが、覚えてしまえば簡単なのでFXを始める前に知識として覚えて欲しいと思います。

FXで売買可能な外貨の1つに、カナダドルがあります。かなりメジャーな外貨の1つですね。ほとんどの金融会社では、その外貨で売買をする事ができるからです。
その外貨を用いての注文をする時のポイントとしては、資源の価格です。カナダという国は、資源がとても豊富なのですね。特に石油や天然ガスなどは、その国の主要な産業の1つであると言われています。
ところで金融関連の商品では、原油の価格などは大きなポイントになります。経済関連のニュースなどを見てみると、原油価格に関する報道が発表される事もしばしばあるでしょう。あれは外貨の金額には、大きな影響力を持っているのですね。もちろんカナダドルに対しては、かなり大きな影響を及ぼします。原油の価格が上昇すれば、カナダドルのレートが変動する事も多々あります。ですのでカナダの外貨を用いて売買を行いたいと思うのであれば、原油の価格などにはアンテナを張り巡らせておくべきでしょう。
それとカナダの場合は、すぐ隣のアメリカの動きにも注目するべきです。ご存知の通りカナダは、アメリカのすぐ北側に立地しています。その地理的な影響はかなり大きいのですね。
例えばアメリカで何か重大な出来事があったとします。それで米ドルのレートが大きく上昇する事も、決して珍しくありません。その米ドルの上昇に伴って、カナダドルが動く事もしばしばあるのですね。地理的な要因はとても大きいので、その2つの外貨は密接な関連性があるのです。ですので前述の原油の価格だけでなく、アメリカドルに対してもアンテナを張っておく必要があるでしょう。
このように様々なアンテナを張り巡らせる必要はありますが、カナダドルは比較的素直な動きをするという意見が根強いです。外貨によってはチャートのセオリーが通用しない事もあるのですが、カナダドルは比較的素直な動きをするので、売買をしやすいという意見も多々見られます。ですのでチャートに忠実な外貨を用いてFXの注文を行いたいと思うのであれば、カナダドルを検討してみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:33:22

金融業界には、様々なタイプの商品があります。投資商品などは、非常に種類が多いのですね。
そもそも投資対象などは、大きく異なります。外貨に対して投資する商品も多いですし、先物や株などに投資をする商品も見られます。もちろんFXは、その中では外貨に対して投資をする商品です。
ところで以前にその外貨を用いた商品のトレーダーの方が、とても興味深いことを話していました。その商品でコンスタントに利益が出せるようになった方は、株ではさらに大きな利益が出せるという話です。
FXで売買をしている方の中には、もちろんかなり大きな利益を生み出している方もいらっしゃいます。中には、数百万円ほどの利益が発生している方もいらっしゃるでしょう。億単位の方もいらっしゃるのですね。それも投機的な売買で一時的に利益が発生するのではなく、コンスタントに長期間にわたって利益が発生している方もいらっしゃるのです。
そのような状態になると、株ではかなり稼げるようになると言われています。例えばその外貨を用いる商品で、1ヶ月に300万ほどの利益が発生しているとしましょう。そのような方が株式投資を始めると、1ヶ月に800万円ほどの利益が発生する事が多いとの意見があるのです。
恐らくFXでの、トレーニングではないでしょうか。この金融商品では、チャートなどで価格分析を行う事も非常に多いです。また経済関連のニュースなどに着目しなければなりませんので、情報収集をするスキルなどもかなりアップする事ができます。そのスキルアップに伴って、株式投資でもコンスタントな利益が発生するようになるのでしょう。それはとても魅力的な話ですね。
つまりこの外貨を用いる商品は、株式投資の練習ができるとも解釈できる訳です。株式投資のトレーニング代わりにFXの売買をしてみて、ゆくゆくは株で大きな利益を発生させる事を目指してみるのも良いのでは無いでしょうか。FXは、とても多彩な使い方ができる商品だと考えます。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:33:22

FXでは様々な外貨で注文する事ができるのですが、その1つに香港ドルがあります。その名前の通り香港で用いられている外貨なのですが、その動きには大きな特徴があるのです。ほとんど動きません。
米ドルなどの場合は、1日に0.8円や1円ほど変動する事はあります。そこそこの動きがあるので、それで積極的に売買を行っている方も多いですね。
ところが前述の香港ドルの場合は、その動きの値幅が非常に小さいのです。中でもドル建ての香港ドルなどは、全くと言って良いほど動きが見られないと考えて良いでしょう。
動きが少ないとなると、かえって注文しやすい一面もあります。なぜなら金利目的の売買ができる事も多々あるからです。いわゆるスワップを目的とした売買ですね。
金利を目的に売買をするとなると、外貨の動きが生じては困ってしまう事もあります。変動の幅が大きすぎると、折角の金利の利益が減ってしまう事もあるでしょう。それで強制損切りなどが生じてしまっては、売買ができなくなってしまいます。
ところが香港ドルの場合はほとんど動きが見られないので、金利による利益を享受しやすい一面があるのですね。それだけに金利目的に売買を行いたい方にとっては、なかなか良い通貨だと考えられます。
ただし香港ドルには、デメリットが2つあります。まず1つ目ですが、それを取り扱っている金融会社の数ですね。いわゆるマイナー外貨の1つになりますので、それを扱っている会社は限られてくる傾向があります。ですので業者の選別などは、大切なポイントになるでしょう。
もう1つのデメリットとしては、その金利に不確実な一面がある点です。現在のところ香港ドル円は、売り玉を持っていれば金利の発生する状況ではあります。しかし日によっては、買い玉で金利が発生する事もあるのですね。金利発生に不安定な一面があるのは、ちょっと注意を要するでしょう。
しかし値動きが少ないという特性を用いれば、利益を生み出しやすい可能性もあります。売買のやり方次第では、とても面白いFXの通貨の1つと言えるでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:32:22